logo ツバメの巣が癌に与える影響とは?ツバメの巣に秘めた可能性を追究

健康や美容に嬉しい効果が期待できるとして注目を集めているツバメの巣ですが、なんと癌にも効果が期待できる可能性が示されています。

この記事では、ツバメの巣の癌に対する効果や免疫との関連について詳しく解説します。

ツバメの巣に含まれる糖鎖栄養素が癌に対して有効

ツバメの巣には糖鎖栄養素が含まれています。糖鎖とは、細胞の中や表面など、動物の体のいたるところに存在するものです。細胞同士の情報伝達において重要な役割を担っており、免疫機能などにも関与しています。

その糖鎖を構成するのが糖鎖栄養素。糖鎖栄養素は8種類あり、ツバメの巣はそのうちの6種類を含有しています。この糖鎖栄養素の一つであるシアル酸が、癌に対して有効であることが示されています。

糖鎖栄養素(シアル酸)が抗菌ペプチドの抗がん活性を高める

ツバメの巣は糖鎖栄養素の中でもシアル酸を多く含んでおり、その量はローヤルゼリーの約200倍と言われています。ある検証では、このシアル酸が抗菌ペプチドの結合活性と細胞毒性を高め、癌に対して有効であるという結果が示されています。

参考 Yang-Yang Han, et al., Role of glycosylation in the anticancer activity of antibacterial peptides against breast cancer cells, Biochemical Pharmacology, Volume 86, Issue 9, 2013, 1254-1262.

抗菌ペプチドとは

抗菌ペプチド(ABP)とは、抗菌作用があるアミノ酸の塊のことです。微生物などを認識して破壊する働きがあり、生体防御のためにあらゆる生物が持っているものです。

中には癌細胞の細胞膜を認識して破壊する、抗がん作用を持つものがあるため、抗がん剤としても注目されています。現在では、納豆に含まれる抗菌ペプチドなど、100種類以上の抗菌ペプチドが抗がん作用を持っていることがわかっています。

では、抗菌ペプチドはどのように癌細胞を認識しているのでしょうか。そこで、正常細胞と癌細胞では糖鎖の構造が異なることに着目し、糖鎖(特にシアル酸)について検証が行われました。

抗菌ペプチドの結合活性

まず、乳癌細胞表面の糖鎖のシアル酸を分解しました。すると、40%以上の抗菌ペプチドが乳癌細胞に結合しなくなることがわかりました。

このことから、シアル酸がないと抗菌ペプチドは乳癌細胞に結合できない、つまり、シアル酸によって、抗菌ペプチドが乳癌の細胞に結合しやすくなると結論付けることができます。

抗菌ペプチドの細胞毒性

続いて、シアル酸を分解した乳癌細胞の致死率を測定しました。通常は抗菌ペプチドによって癌細胞の致死率は増加するのですが、シアル酸を分解すると乳癌細胞の致死率は低下しました。

このことから、シアル酸によって、 抗菌ペプチドが乳癌細胞を攻撃しやすくなると結論付けることができます。

シアル酸を含む糖鎖は癌の増殖・転移抑制効果もある!

シアル酸を含む糖鎖は、癌の増殖や転移の抑制にも効果があると言われています。シアル酸によって細胞のアンテナが活性化し、癌の転移が抑制されたという報告もあります。

糖鎖は癌細胞が有害なのかどうかを判断し、そのうえで癌細胞を攻撃するNK細胞という免疫細胞にSOSを発信。するとNK細胞が癌細胞を攻撃します。

健康な人であれば糖鎖が機能しているため、癌細胞があってもそのまま癌発生につながることはほとんどありません。しかし、糖鎖に異常が生じると癌細胞を認識することができず、癌の増殖につながることがあるのです。

ツバメの巣で免疫力向上も実現!

ツバメの巣は免疫力向上によいとされています。そもそも免疫とは、ウイルスや癌細胞などの異物を認識し、それぞれの免疫細胞に指示して攻撃するシステムのことです。免疫が機能するためには細胞間の情報伝達が大切であり、伝達は糖鎖を通して行われます

また、さまざまな研究によって、シアル酸が免疫細胞に働きかけて免疫を活性化させたり、免疫力を調整したりする可能性が示されています。

このように、ツバメの巣に含まれる糖鎖栄養素で糖鎖がしっかり機能するとともに、シアル酸の作用によって免疫力の向上が期待できます

ツバメの巣は様々な可能性を秘めている

ツバメの巣に含まれるシアル酸によって、抗菌ペプチドが乳癌の細胞に結合しやすくなったり、乳癌細胞を攻撃しやすくなったりすることがわかっており、癌に対して有効である可能性が示されています。さらに、シアル酸は免疫力向上や調整にも関与している可能性があり、癌予防や健康にとってよい成分であると言えます。

その他にも、ツバメの巣には美肌効果や育毛効果などの美容効果が期待でき、様々な可能性を秘めています。

ツバメの巣のエキスを配合した健康食品などもあるため、取り入れてみてはいかがでしょうか。

アナツバメの巣の活用事例

シアル酸は、食材の中でアナツバメの巣に最も含まれています。

しかし、アナツバメの巣には人工的に作られた「養殖」や化学薬品を混ぜた「偽物」が市場に多く流通しています。

シアル酸を安全に取るためには、大自然の中でつくられた「天然」のアナツバメの巣を選ぶことが重要ですが、天然物を手に入れることは非常に困難です。

そのため、天然物を使っていることが保証されたサプリメントを利用したり、肌への効果を期待する場合はコスメなどを利用したりするのがおすすめです。