logo ツバメの巣!その美容効果とは?

ツバメの巣とは

4776575

ツバメの巣は古くから高貴のシンボルとして知られています。中国で最初にツバメの巣が食べられたのは約1500年前の唐時代まで遡ります。当時、南方の船乗りが、その土地の珍しい特産品として朝廷に献上したことから、ツバメの巣が朝廷御用達の栄養食品となりました。高品質のものを指す「官燕」という言葉もここから生まれています。また、明時代の鄭和が船隊を組んで大航海を行ったときに南洋のマレー諸島で暴風雨に遭い、避難途中で船員が絶壁の上で偶然ツバメの巣を発見し、食糧が不足していたので仕方なく煮て食べたところ、数日後には鄭和も船員たちも血色が良くなり気分も爽快になったことで、ツバメの巣の効果に気づいたという言い伝えもあります。鄭和がツバメの巣を持ち帰り、明の皇帝へ献上したことで、中国の歴史書に記載された最も古い食用ツバメの巣の記録となり、ツバメの巣の驚くべき滋養効果もここから広められたとのことです。他にも、かの絶世の美女と称される「楊貴妃」が、永遠の若さと美しさを保つたために、中華の高級食材の中でも、ツバメの巣を愛用していたともいわれています。

日本での歴史

日本では、江戸時代初期の料理書に「燕」の「巣」と書いてえんずという表記で、お吸い物やおつまみとして記載されています。

ツバメの巣の生産国

ツバメの巣の生産国はマレーシアであり、アナツバメの唾液をかためたものです。汚いイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、日本のツバメと異なり、透明な唾液だけで巣を作るのが特徴です。

ツバメの巣の栄養素

526

古くから健康と美容の聖品と言われるほど、栄養価値に優れています。栄養面では主に5大栄養成分があります。水溶性蛋白質:ツバメの巣独特のタンパク質成分で、大量の生物活性分子を含んでいます。炭水化物:炭水化物は身体のエネルギーの元であり、タンパク質と補完しあいます。人体に必須のアミノ酸:ツバメの巣には22種の活性アミノ酸が含まれ、タンパク質の基礎を作っています。微量元素:カルシウム、リン、鉄分、ナトリウム、カリウム等。上皮生長因子(EGF):ツバメの巣に含まれる上皮生長因子と、ツバメの巣の水溶性物質は、人体への滋養補給や妊婦の産前産後における体力回復を大きく助けます。ツバメの巣の栄養成分は様々な利用者層に適してます。妊婦の産前産後の体力補充もそうです。お母さんも赤ちゃんも、必要な栄養分を補うことができます。成長段階のお子さんの栄養補強に、また女性には美容の効果が、男性には身体を壮健にする効果が、年長者であればいつまでも若々しく健康でいられます。これらは、中国医学で古くからツバメの巣を最良の栄養補給品としている理由のひとつでもあります。

美容の3種の神器

025693

ツバメの巣には、美容の3種の神器とも呼ばれる糖鎖栄養素・シアル酸・EGF&FGFが豊富に含まれています。糖鎖とは、細胞と細胞を正しくつなげてくれるアンテナのような働きをしてくれるもので、免疫システムの要のようなもの。体に備わっている自然治癒力にアプローチしてくれることでしょう。糖鎖は8つの栄養素で構成されているのだが、つばめの巣にはそのうちの6種も含まれています。これが、奇跡の食べ物と言われるゆえんだ。中でも美の司令塔であり、母乳にも含まれているシアル酸はローヤルゼリーの200倍。老化や病気の原因を正し、ウィルスや細菌などの異物をすばやく排出。健康をサポートしてくれます。糖鎖の力による未病や老化対策は“第4の医療革命”と呼ばれるほどすごいものです。そして言わずとしれた美肌成分のEGFとFGF。肌サイクルやコラーゲンに働きかけ、内側からふっくら弾力ある肌へ導いてくれそうです。

糖鎖栄養素

糖鎖とは、各細胞の表面についている鎖状の物質で、単糖が結合によってつながった化合物の総称です。糖鎖は、核酸、たんぱく質に次いで「第三の生体物質」とも呼ばれており、細胞同士の情報の受け渡しや、侵入した細菌の感知などを行っているため、細胞の健康維持や、免疫力の向上に効果的です。糖鎖は糖同士だけでなく、タンパク質や脂質その他の低分子とも結合して多様な分子を作り出します。これら糖タンパク質、糖脂質は生体内で重要な生理作用を担っています。

シアル酸

シアル酸とは、細胞表面の糖鎖末端に存在する糖の一種(酸性糖)で、人の細胞のほかに、母乳や卵などに存在しています。その機能を簡単に述べるとすれば、「細胞の表面に存在することで、細胞に何かがくっつくときにこれを介する働きをする」ということです。シアル酸を多く含む糖タンパク質であるセレクチンはヒトとその他の生物の結合を制御しています。また、転移するガン細胞は多くのシアル酸リッチな糖タンパク質を発現しており、これらのガン細胞が血流に入るのを助けているのです。細胞表面に存在するシアル酸リッチな複合糖質は細胞表面の水分を保っています。細胞表面のシアル酸リッチな部位は、生理的な条件下でカルボキシ基の一部が解離して負に帯電することもあり、細胞表面を負に帯電させる作用があります。水は極性分子なので正に帯電した部分が細胞の表面に引き付けられます。また例えば、赤血球の表面もシアル酸リッチであり、赤血球の表面が負に帯電していることで、赤血球同士が電気的に反発して凝集しにくいようになっていることなどにも関係しています。シアル酸を含む糖鎖は、細胞と細胞の情報伝達や、何かが細胞につくときの「レセプター(受容体的機能)」といった機能を果たしています。つまり、ウィルスや細菌などが細胞に感染する際にも大きく関係しているのです。

EGF・FGF

EGFはたんぱく質の一種で、肌表面の受容体と結びつくことによって人が本来持っている細胞の再生を促します。肌や唾液、母乳にも含まれています。新陳代謝が活発になることで美肌効果、傷の治癒を促進させる効果が得られます。FGFは、血管新生、創傷治癒、胚発生に関係する成長因子の一種。FGFはヘパリン結合性タンパク質で、細胞表面のプロテオグリカンの一種ヘパラン硫酸と相互作用を持つことがFGFのシグナル伝達に不可欠なことが明らかになっています。FGFは広範囲な細胞や組織の増殖や分化の過程において重要な役割を果たしているのです。

シアル酸と美容、健康の関係

ツバメの巣に含まれる「シアル酸」は別名、美と健康の司令塔とも言われ、産後の女性が赤ちゃんに与える初乳にも含まれます。シアル酸の主な役割は免疫の調整、ウイルスなどの外敵の侵入の阻止、血液型の決定などです。ツバメの巣には、このシアル酸がローヤルゼリーの200倍含まれているといわれ、心身の回復が必要な産後ママにぜひ取り入れていただきたい食品なのです。また糖鎖栄養素がふくまれているため、細胞を正しく繋げ直すことで、病気の予防や免疫力アップの効果も期待されています。これから産前産後のケア商品をお探しの方や身の回りで、産前産後のママ向けのギフトをお探しの方などがいらっしゃいましたら、プレゼント用にもおすすめの商品です。

通販サイト選びは慎重に

ネット通販で関連商品を検索する際には、注意が必要です。ツバメの巣を使った商品の中には、美容液、サプリメントなどがあります。しかし、日本では採取が困難な素材であり、日常的に店舗に配置されているサプリメントや化粧品などのコーナーで成分を確認するのも難しい商品です。つまり、本物と偽物の見分け方がわからないという方もいらっしゃいます。スキンケアやサプリメントは、毎日摂取するため、原材料などもチェックしましょう。さらに、安全性が気になる方は、品質管理を行っている会社も調べるようにしましょう。販売されているタイプも様々です。2023年の大手ECサイト内にもドリンク、ゼリー、サプリメントなどのアイテムがあります。初めてお買い物をされる方は、サイト内にある特定商法取引法に基づく記載等を確認することも大切です。

アナツバメの巣の活用事例

シアル酸は、食材の中でアナツバメの巣に最も含まれています。

しかし、アナツバメの巣には人工的に作られた「養殖」や化学薬品を混ぜた「偽物」が市場に多く流通しています。

シアル酸を安全に取るためには、大自然の中でつくられた「天然」のアナツバメの巣を選ぶことが重要ですが、天然物を手に入れることは非常に困難です。

そのため、天然物を使っていることが保証されたサプリメントを利用したり、肌への効果を期待する場合はコスメなどを利用したりするのがおすすめです。